2016年12月1日

「セゾンNetアンサー」フィッシングの情報


フィッシング対策協議会の緊急情報によると、セゾンクレジットカードのインターネットサービスである「セゾンNetアンサー」をかたるフィッシングメールが出回っています。
メール内のリンクから偽サイトへ誘導し、アカウント情報やクレジットカード番号などを入力させて搾取する手口です。
以前から繰り返し行われている犯罪行為です。騙されないよう、自衛しましょう。

1. メール内のリンクは開かない

偽サイトへ誘導されないよう、そもそも開かないことが重要です。どうしてもそのリンクを開く必要があるときは、URLをチェックし、ドメインなどから安全性が確認できてから開くようにしてください。
偽サイトのデザインは本物とほぼ同じに見えるよう作成されていて、外見から判断するのは困難です。開く前の時点で正しいサイトなのかを確認してください。

2. 添付ファイルは開かない

今回のフィッシングメールでは添付ファイルに関する情報はありませんが、普段から安易に開かないようにしておくことが大切です。

メールは発信元を偽装できるため、対策は受動的なものになります。全面的に信用せず、ポイントを押さえて対応する必要があります。
また、ウイルス対策ソフトではある程度のチェックが自動的に行われますし、導入は必須です。


株式会社サンロフトでは、サイバーセキュリティ対策についてご案内できるソリューションがあります。是非お気軽に、ご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿