2018年7月19日

7月のセキュリティ更新

マイクロソフトが7月のセキュリティ更新をリリースしました。
53件の脆弱性のうち、「緊急」の脆弱性は17件、「重要」が34件となりました。
悪用は確認されていないものの、一部脆弱性については公開済みだということです。
「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、アップデートを実施しています。

脆弱性によっては、リモートからコードを実行されるおそれがあります。
また「権限の昇格」「サービス拒否」「データの改ざん」「情報漏洩」「なりすまし」「セキュリティ機能のバイパス」といった問題への対処もされています。

現時点で悪用は確認されていないようですが、「Windows」における権限の昇格の脆弱性「CVE-2018-8313」「CVE-2018-8314」や「Microsoft Edge」におけるなりすましの脆弱性「CVE-2018-8278」については、脆弱性がすでに公開済みだということです。


早めのアップデートを心がけましょう。

参考元
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件


株式会社サンロフトでは、サイバーセキュリティ対策についてご案内できるソリューションがあります。是非お気軽に、ご相談ください。



■セミナー開催のお知らせ■

中小企業「経営者」のための情報セキュリティ対策セミナー

日時:2018年7月25日(水)13:30~15:00
会場:株式会社サンロフト

■講座内容
不正アクセスによる情報漏えい、公的機関を騙った詐欺メール、身代金ウイルスなど、多くのセキュリティ被害ニュースが報道されていますが、最近では、中小企業を狙った攻撃も急増中。本セミナーでは、身近に起こるセキュリティ被害と被害に遭う企業の共通点、そして具体的な解決方法をわかりやすく解説。講座では、ハッキングの実演もします!

■講師
株式会社船井総合研究所
サイバーセキュリティチーム
チームリーダー
チーフ経営コンサルタント
兎澤 直樹 氏

0 件のコメント:

コメントを投稿